スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートのさし苗~その3~

~前回の続きです~

IMG_5806_convert_20120620221817.jpg これだけの広い畑、そんな簡単には終わらない。

IMG_5812_convert_20120618215608.jpg 見事なくらい苗を真っ直ぐに植えてくる。さすがは平田社長!!

IMG_5817_convert_20120618220109.jpg ペアを組んでお互いに行ったり来たり地味な作業だ。しかし、これをきちんとしておかないと、収穫の時に差がでるのです。

IMG_5821_convert_20120618220336.jpg 機械(トラクター)と人力が作り出す。畑模様。「昔はすべて、人の手、力で本当に大変だった!!まさに、猫の手も借りたいぐらいだった!!」と、大奥さん!一株、一株づつ手で植えると考えただけでも気が遠くなりそうだ。

IMG_5846_convert_20120618220635.jpg 疲れたのでいっぷくタイム(休憩)だ。
冗談や馬鹿話が飛び交うも、大半の話の内容はこの後の仕事の流れや打ち合わせ等だ。こういった景色の綺麗な外での冷たいジュースはまた格別だ!!ただ、・・・吸いすぎには気を付けましょう!!

IMG_5852_convert_20120618220948.jpg さあ、休憩も終わり。体力も戻った事だし、また、馬力出して頑張るぞ!!

IMG_5879_convert_20120618221227.jpg 一輪車(ねこ)に苗入れて手前に置いておいてと頼まれ、持って来たら、もうみんな、はるか向こうに行ってしまった。・・・早いし・・・。
心なしか、一輪車が寂しそうに見える。でも大丈夫!!みんな、苗を取りに必ず戻ってくるから。と一輪車を慰める今日このごろでした。




スポンサーサイト

ビートのさし苗作業~その2~


~前回の続きです。~

IMG_5778_convert_20120618213216.jpg 機械で植え残した所は人力でうえていかなければならない。

IMG_5781_convert_20120618213635.jpg 農家の方々が手に持っているのは、からすぐち、と、呼ばれる物らしく
さきっぽが、カラスのくちばしのようにとんがっていて、それを土にさし、手もとのレバーを握ると、くちばしが開いて、上から入れたビートの苗がみごとに土の中におさまるといった画期的な物!!

IMG_5783_convert_20120618214257.jpg このように・・・

IMG_5784_convert_20120618213928.jpg からすぐちを土に挿しておいてビートの苗を入れ、レバーを握れば、みごとに土の中にスッポリ!!

IMG_5799_convert_20120618214739.jpg この作業が畑のはじからはじへと・・・大変そうだ!!しかし、それとは裏腹に、綺麗な青空が目の前に広がっていて、スーッと心が癒されていく感じがした。

IMG_5805_convert_20120618215035.jpg わたあめの様な雲がプカプカと浮かんでいたのでおもわずカメラを向けた。
なんだかとても幸せな気分になり私はしばらくの間その雲を眺めていた。   ~次回に続きます~
 



プロフィール

伊東 隼

Author:伊東 隼
農家さんの作業風景などをおもに撮っている写真家です。写真におさめた農家さんの野菜なども、販売して行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。