スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうきびの収穫~後半

畑で採ったとうきび、はい、それで終わりではない。鉄コンテナに入っているとうきびを、きちんと出荷出来るようにしなければならない。余計なところを切ったり、外で雨風にさらされているので、土ぼこりなども付いている。また、虫なども付いているので、それらを綺麗に取り除かないとお客さんに迷惑をかけてしまう。
すべてが、一本一本手作業。本当に大変です!!

IMG_7469_convert_20121015210709.jpg ここからがまた、大変なんです!!まさに、猫の手も借りたいくらいです。するとこんな時は、だいたい、私に声がかかります。「さっ、カメラおいて、やるよ~!!」と、農家さんには、ある基本があります、それは、何かと言うと、基本、その場にいる人は、みんなつかわれます。気づいたら、仕事してたなんて事よくあります。ただ、凄く大変ですが、終った時の達成感、充実感はまた、格別です。そして、日ごろ何気なく食べている農産物、裏にはいろんな人たちの汗、涙、苦労、思いがこめられているんだな~と、改めて思いました。感謝です!!

IMG_7473_convert_20121015215532.jpg とうきびの余分な茎をきりおとしています。

IMG_7474_convert_20121015215942.jpg それを一本ずつ~

IMG_7470_convert_20121015211058.jpg 綺麗にそして、丁寧に拭いて汚れなどを落としていく。

IMG_7519_convert_20121015220815.jpg そして綺麗になった、とうきびをまた一本ずつ丁寧に箱に詰めていく。

IMG_7522_convert_20121015221945.jpg すごく綺麗です。こうして皆さんのもとに届けられます。

IMG_7479_convert_20121015220353.jpg ここまでの一連の作業を何度も何度もとうきびが無くなるまで続けます。本当にお疲れ様です。美味しいとうきびをありがとう!!

















スポンサーサイト

とうきびの収穫


いよいよ、とうきびの収穫です。ちなみにこのブログは撮影時期よりも遅れています。なにとぞご了承ください。
それはそうと、なんせ、今年は暑かった。

IMG_7408_convert_20121015195837.jpg ついに始まりました。空港の近くの畑から、収穫です。それにしても広い!!そして、とうきび畑はここだけじゃない!!まだ、あちこちにあります。それを7~8人で一本ずつ手もぎです。ん~大変だ!!

IMG_7412_convert_20121015200647.jpg 身の丈よりも高いとうきびで覆われているので、とうきび畑の中は風が吹かずほぼサウナ状態!!暑いっ!!

IMG_7414_convert_20121015201107.jpg 暑くてもみんな長袖!肌を出しません。男性は我慢しきれず半そでになる方もいますが、女性はまず無い!!日焼けが気になるから?! もちろんそれもありますが、本当の理由は、とうきびの葉っぱは、硬く、横がカミソリの刃のようになっているので、肌を出してると切れるんです。

IMG_7418_convert_20121015201528.jpg だから、女性の人達はみんなこんな感じ、顔までもがっちりとフル装備。その代わり暑さと、汗で大変なことに!!

IMG_7419_convert_20121015202018.jpg こういった苦労があるから皆さんは美味しいとうきびが食べれるんですよ。農家さんに感謝です。

IMG_7431_convert_20121015202532.jpg 肥料袋に一本ずつとったとうきびをいれ、いっぱいになったら鉄かごにうつす。この作業が永遠と続く!!

IMG_7452_convert_20121015203059.jpg とうきびはどうゆうふうに収穫されるかわからない人もたくさん居るとおもいます。これで、少し解ったでしょ。

IMG_7367_convert_20121015195239.jpg 今日の作業が果てしなく続きます。明日も、あさっても。今日も一日お疲れ様でした。

                           











とうきび収穫まじか


とうきびがよいよ、収穫まじかになりました。今年は特に暑かったのでとうきび畑に水をまいて乾燥を予防しました。

IMG_7193_convert_20121008160716.jpg それぞれの、畑に水を撒けるように水のパイプが来ており、それにホースをつなぐと水がまけるのです。トラクターは水をくみ上げるモーターポンプのかわり、エンジンをかけておくと、どんどん水をくみ上げる。

IMG_7163_convert_20121008161440.jpg 果てしなく続くとうきび畑。その先には、大きな水鉄砲みたいな物が!!

IMG_7183_convert_20121008161758.jpg凄い勢いで水が飛び出している。まるで消防の消火のシーンのようだ。平田さんいわく、70~80メーターくらいは飛ぶらしい。ここまで近づくと水しぶきが凄いです!!

IMG_7230_convert_20121008162150.jpg 平田さんのとうきび畑は、あちこちにあるのですが、この畑は旭川空港の滑走路のすぐ横にあるので飛行機を頻繁にみることが出来る。離陸、着陸も簡単に見ることが出来るのです。
特にここのすぐそばに着陸のときには、手が届きそうなくらいまで飛行機に近づける場所がある。凄い迫力ですよ。

IMG_7242_convert_20121008162550.jpg ここを曲がって直線の滑走路で加速し飛び立っていく。

IMG_7279_convert_20121008163217.jpg トラクターが見守る中、着陸してきたのは、北海道の旅客飛行機会社、AIR DOさん。

IMG_7282_convert_20121008163720.jpg はい、トラクターの中にスッポリ。  ちがいます・・・。

IMG_7344_convert_20121008164116.jpg 飛行機って後ろから見た方が迫力ありますね。 さあ、それはそうと、とうきびの収穫も2~3日後に控え最後の管理作業。これから気の遠くなるような、とうきびの収穫が待っている。では、また。






予防、管理作業での雄大な風景続き


予防、管理作業の続きです。午後からも作業が続きます。明日はあまり天気が良くないので今日のうちに予防を終らせたいとか!! この日の撮影は空と雲がとても印象的だったのを憶えています。

IMG_7084_convert_20120924234802.jpg 広大な畑をひたすら往復します。気が遠くなりそうな作業です。

IMG_7093_convert_20120924235940.jpg この景色を直接皆さんにお届け出来ないのが残念でなりません。
農場カメラマンなのでこういった景色はみなれているのですが、おもわずボッーと見とれてしまいました。
とてつもなく壮大で涙が出ました。

IMG_7109_convert_20120925000416.jpg 幻想的な雲が空を漂っていました。まるで龍が飛んでいるかのように。

IMG_7123_convert_20120925000747.jpg 日もかなり傾きかけてきました。・・・あともう少しだ!!

IMG_7153_convert_20120925001033.jpg 空が夕日に染まる中、周りが見えなくなるギリギリまで畑の予防は続きました。今日も一日頑張った農家さんとトラクターが誇らしく思いました。
今日も一日、お疲れ様でした。




予防、管理作業での雄大な風景

予防、管理作業は今日も続きます。空、雲、人、緑、大地が織り成す景色をご堪能下さい。・・・なんてね!!

IMG_7043_convert_20120924224324.jpg 目の前にはジャガイモ、とうきび、ビートなどの畑が広がる。太陽の日差しを雲がさえぎり畑には雲の陰が写っていた。

IMG_7054_convert_20120924225424.jpg ジャンボジェット機がとんできた。こんな文明の最先端の技術を推移して作られている飛行機でさえこの雄大な大地の前ではまるでおもちゃのようだ。
でも、やはりこの距離になってくると迫力が増してきます。 解りづらいのですが、右斜め下の方の畑の中に写っている小さく黒い点みたいなもがトラクターです。ん~、ちっちゃい!

IMG_7058_convert_20120924230745.jpg 上の写真を拡大すると・・・・・ほらいた!

IMG_7070_convert_20120924232510.jpg これは、ビート畑、一番最初に植えたが収穫は一番最後。 砂糖の原料になります。

IMG_7072_convert_20120924234450.jpg 上の写真とちがいが解りますか?
間違い探しみたいですね!!実は、こっちはじゃがいも畑です。
よく見てみると白い花が咲いています。 そう、この畑はビートと、じゃがいもが隣接して植えられています。

IMG_7067_convert_20120924231253.jpg 畑に白いラインが描かれているが、これは、とうきび畑で種を植えるのと同時にビニールシートを種の植えたラインに貼っていき、とうきびが芽を出し少し成長するまで保護するためのもの。このビニールシート優れもので一切撤去などしない。なんと土に返っていくのです。天然素材のものだけで作られているらしい。確かに、収穫のときにはほとんどなくなっていた。 続く、次も空と雲のコラボがいい感じです。では。















プロフィール

伊東 隼

Author:伊東 隼
農家さんの作業風景などをおもに撮っている写真家です。写真におさめた農家さんの野菜なども、販売して行こうと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。